現在、リニューアル作業中です

明治ザ・チョコレートの新商品「深遠なる旨味抹茶」を食べてみました。これは大人味の抹茶!

こんにちは、あむ(@amulog_days)です。

物心がついた時からお茶が大好き。

今回は待ちに待った明治ザ・チョコレートの新フレーバー「深遠なる旨味抹茶」を食べてみました。

ビター味が苦手な人でもモグモグ食べれる不思議なチョコレートですよ。

明治ザ・チョコレート 新フレーバー「深遠なる旨味抹茶」とは

明治ザ・チョコレートとは

明治ザ・チョコレートは2016年9月27日より株式会社明治より発売されました。

厳選したカカオ豆を使用し、加工に至る工程までこだわり抜いた大人をターゲットにした板チョコです。

板チョコですが

五感で楽しめるチョコレートを実現するため、板チョコを3枚入りとした包装形態で、板チョコレートには細かなスリットやギザギザを入れ、食べやすい好みの大きさや、形の違いによる口のなかでの風味の変化を感じられるようにしました。

出典元:株式会社明治「明治 ザ・チョコレート」プレスリリース

このように1枚の板チョコが4つのブロックに形が分かれています。

知らずに買って開けたときはビックリしました。割り方によって味わいが異なるんです。

当初は4種類(コンフォートビター・エレガントビター・サニーミルク・ベルベットミルク)の発売でしたが口コミやネットで話題になり、その後ジャンドゥーヤとフランボワーズが追加発売されました。

バレンタインデーの時期には明治ザ・チョコレートを特集したニュース記事がたくさん出回り、味はもちろんですが秀逸なパッケージデザインも含めて瞬く間に人気商品になりました。

そして4月11日、待ちに待った抹茶味が新発売!

発売当日にスーパーやコンビニに走りましたが全然置いてなくて、発売から数日後にようやく買うことができました。

新フレーバー「深遠なる旨味抹茶」とは

満を持して発売された明治ザ・チョコレートの抹茶味。

しかしそこは明治ザ・チョコレート。ただの抹茶味ではなさそうです。

特長

  • これまでのホワイトチョコレートに抹茶を合わせた抹茶チョコレートとは異なり、ダークミルクチョコレートに抹茶をそのまま練り込みました。
  • カカオの香ばしさと旨味をさらに深める抹茶との相乗効果が発揮され、新しい味わいが楽しめます。
  • ダークミルクチョコレートの層と、ダークミルクチョコレートに抹茶を練り込んだ層との2層構造で、カカオと抹茶の香りと旨味が絶妙に絡み合う大人のあじわいが楽しめます。

引用元:株式会社明治「明治ザ・チョコレート 深遠なる旨味抹茶」プレスリリース

そうそう、抹茶チョコって甘いチョコの中に抹茶の渋みが入っているのが定番でしたよね。

それが明治ザ・チョコレートの抹茶味はダークミルクチョコ×抹茶ということで完全に大人向けの味になってます。

こちらが今回の「深遠なる旨味抹茶」のテイストを現したグラフです。

出典元:株式会社明治「明治ザ・チョコレート 深遠なる旨味抹茶」プレスリリース

ビター感が突出しています。

実はビター感が苦手な私ですがそれ以上に抹茶が気になるのでこれは食べたい!ということでいざ実食です。

 

明治ザ・チョコレート 新フレーバー「深遠なる旨味抹茶」を食べてみた

明治ザ・チョコレート 抹茶 開封レポ

 

パッケージデザインは七宝模様を採用。

茶筅と抹茶茶碗のイラストがワンポイントになっていて、和風の雰囲気が出ています。

このパッケージデザインも人気で、SNSではパッケージをつかって描いたイラストも話題になっていました。

 

商品パッケージ裏面です。

 

栄養成分表示(1箱[50g]当たり)

  • エネルギー 300kcal
  • たんぱく質 5.2g
  • 脂質 21.2g
  • 炭水化物 22.1g
  • 食塩相当量 0.05g

 

気になるカロリーは1箱あたり300kcal。

内容量は50gですが3枚の板チョコが入っているので1枚あたり約100kcalですね。1枚だけなら食べても罪悪感がない数字です。

アレルギー物質は乳成分と大豆とのことなのでご注意ください。

開封してみました。パッケージの中にも七宝模様!

小袋は1枚1枚デザインが違います。

スーパーで買える板チョコでパッケージデザインにここまでこだわっている商品なんて見たことないよ!

 

よく見ると小袋にも七宝模様が印刷されていますね。

見ているだけでワクワクします!

 

小袋を開封して中のチョコを取り出してみました。

あれ?ブロックに分かれてない…だと!?

 

調べてみたらジャンドゥーヤと抹茶に限り表面のデザインはこちらになるみたいです。

これはカカオの身をデザインしているそうです。

 

 

3枚中同じデザインは2枚でした。

 

実はこのチョコレート、ダークミルクチョコレートに抹茶をそのまま練り込んだ層と、カカオの香味が際立つダークミルクチョコレートの層の二層構造なんです。

上の層がダークミルクチョコレート&抹茶で、下の層がダークミルクチョコレート。

抹茶の方が割合を占めていますね。

明治ザ・チョコレート 抹茶を食べてみた

普通に食べるなら抹茶の層を上にして口に運ぶと思うので、まず舌の上にくるのはビターなダークミルクチョコレートの層なんですよね。

なので最初は「苦っ!!!まんまビターじゃん」と思ったのですが口の中で溶け出すうちに抹茶がビターを包み込んでいくというか、絶妙に絡み合うので想像以上に深い味わいでした。

抹茶の味がとても深い。いつまでも食べていたいおいしさです。

 

明治ザ・チョコレート「深遠なる旨味抹茶」まとめ

「深遠」って何だろうと調べたら

深遠 シンエン とは

奥深くて容易に理解が及ばないこと。また、そのさま。深奥。

引用元:デジタル大辞泉

つまり簡単には言葉にできないくらい美味しい抹茶味ってことですね(語彙力がないからこれが表現の限界)

後味は抹茶の渋みとカカオの香りでとても濃厚。

ビター感が強くても抹茶が良い感じに混ざってくれるので私みたいなビター苦手な人でも食べられるのではないのでしょうか。

ご褒美チョコとしてまた買いたいな。今度は別のテイストも試してみます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です