現在、リニューアル作業中です

コテを使う時は髪ヤケドに注意!フワリエのアレンジスプレーで熱から髪を守ろう

こんにちは、アラサー主婦ブロガーのあむ(@amulog_info)です。

少し前からコテを使って髪を巻くようになりました。

コテやヘアアイロンで髪を巻くときに気になるのが髪への熱ダメージ。

私は150℃で巻いていますがカールを強めにつけたいときや、短い時間で巻きたいときは180℃まで設定することもあります。

しかし高熱で巻くと髪のキューティクルがダメージを受けて髪内部の水分が失われてしまいボロボロになるので、コテやアイロンを使う前にはヘアアイロン用のスタイリング剤(プレ剤)を使うことが大切です。

私が使っているのはクラシエの『プロスタイル フワリエ ヒートプロテクトアレンジスプレー

一般的なプレ剤とちがって髪を巻いても「ジュッ!」となりにくくて仕上げにも使えるので、これ1本でスタイリングが完成しちゃいます。

今回はクラシエの『プロスタイル フワリエ ヒートプロテクトアレンジスプレー 』について詳しくご紹介します。

クラシエ プロスタイル フワリエ ヒートプロテクトアレンジスプレーについて

「ジュッ」となりにくい

今のコテを使う前はストレート用のヘアアイロンを使っていました。

その時は「ストレートが作れる」というようなフレーズが書いてあるローションタイプのスタイリング剤を使ってたのですが、アイロンを当てると「ジューッ」という嫌な音と湯気があがったりして、これ使い続けていいのかな…と不安になったほど。

髪はパリパリになったりチリチリになったりと思ったようなストレートにならなくて、ヘアアイロン離れの原因になってしまいました。

ヒートプロテクトアレンジスプレーは速乾スプレーなので濡れた感じもなくてすぐに乾くから「ジュッ」とならずに、髪がすぐに巻けるのが嬉しい!

やわらかいナチュラルな巻き髪をキープ

プレ剤を使うとパリパリになりがちな髪もこのスプレーならふんわり、でも形はしっかりキープされているのでナチュラルな巻き髪が作れます。

これはアレンジスタイルキープ成分が熱を味方にきれいに形作るので、朝巻いても夜まで1日崩れないようになってるんです。

実際、強風に吹かれても手ぐしでササッと直せたので、その高いキープ力を実感しました。

高熱で失われたツヤを髪の内部と表面からWケア

巻き髪をきれいにキープするためにわざと高めの温度で髪を巻くこともあります。

一般的にコテで髪を巻く温度は180℃前後と聞きますが、よくよく考えたら180℃って唐揚げを揚げるときの温度じゃないですかー!

もちろん唐揚げは何分も油の中に入れて揚げるので比べるのはおかしい部分もありますが、でも同じくらいの熱で髪を巻いてるんですよね。

気をつけていても髪はかなりの熱ダメージを受けているはず。

ヒートプロテクトアレンジスプレーは、髪の内部には「浸透型ツヤ補修成分」、髪の表面には「アルガンオイル」を配合しているので、熱ダメージで失われたツヤを髪の内部と表面からWケア。

ツヤツヤ感が増しますよ!

 

クラシエ プロスタイル フワリエ ヒートプロテクトアレンジスプレーの使い心地

クラシエ プロスタイル フワリエ ヒートプロテクトアレンジスプレー 開封レポ

本体はパール感のあるマットな質感。

黒いキャップもよーく見るとラメが入っていますね。

 

ガス抜きキャップになっているのもポイント。

 

手に持つとこんな感じ。

一般的なスプレーと同じくらいの大きさだと思います。

クラシエ プロスタイル フワリエ ヒートプロテクトアレンジスプレーの使用感

気になる香りは「ローズ&ホワイトフローラルの香り」となってるんですけどめっちゃいい香りです…!

ちょっとムスクっぽい、フローラル強めの香りで20代後半の仕事のできる女性をイメージしちゃいます。でも少し派手かな。

シューっとスプレーしても濡れたり湿ったりする感じがしないのがいいですね。

スプレーしただけでも指通りがよくなるのでブロッキングもしやすくなるし、コテの滑りもよくなります。

特にいいなと思ったのが上でも書きましたがキープ力&ツヤ感。

コテ初心者で不慣れな私でもこれを使えばきれいな巻き髪ができるので、本当にありがたいスプレー。

ドラッグストアやスーパーでも買えて、値段も600円前後とお手軽価格なのでリピ決定です。

コテを使う前のスタイリング剤にお悩みのかたはぜひ試してみてくださいね♪

 

ちなみにコテはクレイツのイオンカールプロ 32mmを愛用しています♪

買うなら「Amazon販売・発送」がおすすめ。

 

クラシエホームプロダクツさんのブログリポーターに参加中です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です