現在、リニューアル作業中です

クヴォン・デ・ミニムの香水『オーデマティン』はユニセックスな香りでリフレッシュにピッタリ

ロクシタンの姉妹ブランドであるクヴォン・デ・ミニム(Le Couvent des Minimes)のコロンは自然由来のやさしくて爽やかな香りが多いのですが、今回は「オーデマティン」という緑色のパッケージのコロンをお試しさせていただきました。

詳細はこちら

クヴォン・デ・ミニム『オーデマティン』について

目が覚めるような、清々しい香りのオーデコロン。

朝の果樹園の香りに、バジルのフレッシュな香りとローズウッドなどのやさしい香りが重なります。

トップノートは朝の果樹園にあふれる、りんご、オレンジ、レモンのフルーティな香り、ミドルノートはペアーとイチジクの花の香りに重なる、バジルの若草のような香り、ラストノートはローズウッド、シダーのやさしい香りに包まれます。

男性にもおすすめの香りです。

引用元:@cosmeオーデマティン商品説明

クヴォン・デ・ミニム『オーデマティン』の使用感

香水(コロンですが)は自分好みの香りでないと使いにくいので届くまでどんな香りか心配だったのですが、その心配は無用だったようです。

こちらはフルーティなんだけど甘ったるくなく、清潔感かつ透明感溢れる甘酸っぱい香りなので老若男女問わずつけていただける香りだと思います。

時間が経つと甘い香りが強くなるかな。

コロンなので1時間~2時間で香りが薄くなります。コロン自体とても強い香りではないので他人に不快感は与えにくいと思います(それでもつけすぎは注意ですが)アクセント程度にシュッシュッとするのがおすすめ。

イメージ的には朝の香りだけどリフレッシュしたい時にもおすすめです。

アンティーク(レトロ?)でお洒落なパッケージも素敵。

★クヴォン・デ・ミニムジャポン株式会社のブログリポーターに参加中です。
商品モニター、ブログリポーター専用のサイトは「ブロネット(Blonet)」で!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です