現在、リニューアル作業中です

【閲覧注意】洗濯槽内のピロピロわかめ(黒カビ)は酸素系と塩素系クリーナーのW使いでスッキリ!

こんにちは、あむ(@amulog_days)です。

洗濯しているのに逆に汚れが付くことがありませんか?

よ~く見ると黒っぽくて薄くて小さい紙のような「なにか」が洋服やタオルに付着しているんです。

誰が呼んだか通称ピロピロわかめ

ヤツの正体は 黒カビです。

今回はピロピロわかめを一掃するべく我が家の洗濯槽の掃除をレポートします。

タイトルにもある通り、今回は閲覧注意です。

予想以上にピロピロわかめを捕獲しましたので記事の画像で気分を害すことがあるかもしれません。

あむ

記事の閲覧は自己責任でお願いします

どうして洋服にピロピロわかめ(黒カビ)がつくのか

使い終わったあとの洗濯機は湿気の宝庫!

溶け残った洗剤と雑菌でカビが繁殖します。

一見、キレイな洗濯槽でもその裏側は黒カビが発生していることが多いそう。

ピロピロわかめが洗った服に付いているということは洗濯槽内で黒カビが大量発生→洗濯時の振動で剥がれ落ちて洋服に付着しているということです。

パッと見、綺麗な水と洗剤で洗っていても、実際は黒カビで大切な洋服を洗っているも同然!(書いててゾワッとしました)

カビの胞子でアレルギーを発症することもあるので、ピロピロわかめを見つけたら一刻も早く洗濯槽内の掃除をしましょう!

洗濯槽に掃除に合うのは塩素系?酸素系?

洗濯槽クリーナーといってもお店で販売されているものは2種類。

  1. 塩素系クリーナー(液体)
  2. 酸素系クリーナー/酸素系漂白剤(粉末または液体)
洗濯槽クリーナーなら効果はどちらも同じ?でもどちらを選んでいいのかわからない人も多いはず。

それぞれの特徴とメリット・デメリットを見てみましょう。

1.塩素系クリーナーはカビを分解して除去する

塩素系の洗濯槽クリーナーの主成分は「次亜塩素酸塩(次亜塩素酸ナトリウム)」

強い殺菌・漂白成分を持つ塩素の力で洗濯槽の裏側にたまったヌメリや黒カビ、雑菌を細かく分解します。

つまり汚れを溶かして除去するので洗浄中は洗濯槽の中の水が少しにごるくらいなんです。

ピロピロわかめが目に見えないので「カビなんか見たくない!」という人はこの塩素系クリーナーがおすすめ。

その逆に黒カビが目に見えなくてわからないから本当に黒カビが取れているか不安、という意見もあります。

また、パッケージには大きく「まぜるな危険」と表示されています。

塩素系製品と「酸性タイプ」の製品が混ざると、危険な塩素ガスが発生するので使用の際は注意してください。

 

塩素系クリーナーのメリット

  • 水で使用できるのでわざわざお湯を用意しなくてもいい
  • 水中で黒カビが溶けるため黒カビなどの浮遊物が目に見えない
  • 強力な殺菌効果があるのでカビ胞子除去率が高い

 

塩素系クリーナーのデメリット

  • ツーンとしたニオイがする
  • 浮遊物が見えないので本当に黒カビが取れているのかわからない
  • 取扱いには注意が必要(「まぜるな危険」)

2.酸素系クリーナー(酸素系漂白剤)は発泡パワーでカビを剥がし取る

何かと便利で使い道が多い「酸素系漂白剤」

塩素系とは違いツーンとしたニオイもなく、洗濯には色柄ものに使えるとあって優しい洗浄剤というイメージですね。

酸素系クリーナー(酸素系漂白剤)の主成分は「過炭酸ナトリウム」

過炭酸ナトリウムは水に溶けると過酸化水素と炭酸ソーダに分解します。

この時の分解により酸素が発生し発砲作用で汚れを引きはがして浮かび上がらせるのです。

酸素系クリーナーは使用してもカビが溶けないので洗濯槽の水面に黒カビが浮かび上がります。

(初めて酸素系クリーナーで洗濯槽を洗浄した時のピロピロわかめ祭りはそれはもう衝撃的)

使用するときは30~50℃程度のお湯での使用がおすすめです。

それ以上の温度だと分解が急激に進み充分な効果が得られないので、お風呂の残り湯くらいの温度でOK。

製品によっては入浴剤を使用した残り湯は使えないので注意書きをよく読んで確認してくださいね。

 

酸素系クリーナーのメリット

  • ツーンとしたニオイがしない
  • 浮遊物が目に見える

 

酸素系クリーナーのデメリット

  • お湯を用意しないといけない
  • 浮遊物が大量に出てきた場合、取り除く手間と時間がかかる

 
塩素系クリーナーと酸素系クリーナー、どちらにもカビを除去・殺菌する効果があります。

カビを溶かすか、または剥がし取るかの違いです。

大雑把に分けるとしたら汚れが見たい人は酸素系、汚れを見たくない人や時短したい人は塩素系ってところでしょうか。

製品によってはドラム式洗濯機には使用できないものもあるので、パッケージの注意表示や洗濯機の取扱説明書をよく確認してお好みのものを使ってみてください。

閲覧注意!シャボン玉石けんの洗たく槽クリーナーの効果

やっと見つけたシャボン玉石けんの洗濯槽用クリーナー

ある日のこと、夫の白シャツにピロピロわかめが付着しているのを見つけました。

とうとうこの時期が来たか…とドラッグストアへ。

いつもはアリエールの洗濯槽クリーナーを使用しているのですが、amazonレビューでとても高評価のシャボン玉石けんの洗たく槽クリーナーが店頭で売られているのを初めて見たので「これは一度は買わねば!」と即購入しました。

こちらのクリーナーは酸素系のクリーナーですが、成分に過炭酸ナトリウム(酸素系)、界面活性剤(純石けん分 [脂肪酸ナトリウム] )、アルカリ剤(重曹)が配合されています。

  • 過炭酸ナトリウム(酸素系)…発砲作用で汚れを引きはがして浮かび上がらせる
  • 界面活性剤(純石けん分 [脂肪酸ナトリウム] )…洗濯用についている汚れの吸着力を弱めて落としやすくする
  • アルカリ剤(重曹)…石けんの効能を持続させる
この3つの力で黒カビや汚れ、気になるニオイを除去するので酸素系漂白剤による単独洗浄より効果的なんです。

今回はこちらを使って我が家の洗濯槽を掃除しました。


と、ここまでが序章。

皆さん心の準備はいいですか?

あむ

何か食べたり飲んだりしながら読んでいた人は一度その手を止めることを強くおすすめします!

それでは続きをどうぞ!

早速開封します。

少し粗目で真っ白な洗浄剤です。

 

こちらが我が家の洗濯機、日立のBW-D9GVです。使っていないけど乾燥機能付き。

10年前、結婚した時に購入したのでそろそろ買い替えたいです。

 

上の写真とあまり変わらないけどお風呂の残り湯を高水位まで入れています。

 

クリーナーをドバーっと入れます。

今回は洗濯槽洗浄コース(洗い→放置→すすぎ×2→30分乾燥)で洗浄します。

さぁ、心の準備はいいですか?

ここから先は汚画像のオンパレードですよ…!!!

【以下、閲覧注意】










!!!????!!!

クリーナーを入れて数分運転しただけなんですけど…。

シュワシュワ~と発砲しながらあっという間に黒カビが浮き上がってきました。

予想以上に出てきて少し気分が悪くなりましたよ。おえー。

 

ここで新たなアイテム登場。

お風呂の髪の毛やごみなど浮遊物をすくい取る網です。

ひとすくいでこの量です。

 

網の横から見てみます。もったりしていて黒カビの重力を感じます…!!

 

一通りすくい取ったあと。

しかしピロピロわかめは洗濯槽の下に沈んでいるのでここから何回も運転ボタン→一時停止ボタンを押して網でわかめをすくい取るという作業をします。

 

運転ボタンを押して(略)網ですくい取る作業を10回したのですが頑張っているのに見た目はあまり変わりません。

 

1回目の脱水後の写真。

あんなにすくい取っても底にはまだこんなに汚れが残ってました。洗濯槽の内側でこれなんだから外側はもっといろいろ付着してるんだろうな~。

すすぎで再び高水位まで給水して攪拌したら予想通り汚れがわんさか出てきました。

睡魔と戦いながら運転ボタンと一時停止ボタンを交互に押して網ですくい取る作業を延々に続けます。

この闘いはエンドレス…終わる気がしません。

でももう無理、ギブアップ。

 

こちらが今回取れたピロピロわかめの集合体です。

写真では小さく見えますが握りこぶし1つ分ほどありました。

この後は洗濯槽コースにおまかせして就寝。

しかしこの選択が間違いだったと後に後悔することになります。

槽洗浄コースに乾燥機能がついている場合は注意!

翌朝、効果を期待して洗濯機の蓋を開けると

むわぁあああ~

と今まで嗅いだことのない酷いニオイが。

おそらく原因は洗濯機の洗浄コースの仕上げ(30分間の乾燥運転)

取り切れなかった黒カビをそのまま乾燥→一晩放置してしまったため更に酷い悪臭を作り出してしまったと思われます。

これじゃ洗濯ができない!

また大量のお湯を用意するためにお風呂の時間まで待ってあの気の遠くなるような作業をするのも嫌!!

ということで藁にもすがる思いで買い置きしていたこちらを投入。

塩素系の洗濯槽クリーナーです。

今回は値段重視で セブンプレミアムの洗濯槽クリーナーを使いました。

塩素系のクリーナーはお湯を用意しなくてもいいので気軽に使えます。

今回は通常の洗いコースで洗浄。

特に写真は撮らなかったのですが使用したら洗濯槽内の水が少し黒く濁った(黒カビが分解されて溶けた)くらいで、浮遊物は見当たりませんでした。

すすぎを2回繰り返して脱水して完了。

あの塩素のニオイは多少ありますが悪臭が消えたのでスッキリ!洗濯槽のステンレスもピカピカです。

その後、試しに少量の古タオルを入れて洗濯してみましたがピロピロわかめがつくことはありませんでした。一時はどうなるかと思いましたが結果オーライです。

洗濯槽を丸洗いしたいならプロによるクリーニングがおすすめ

長い年月をかけて洗濯槽の裏側に溜まった黒カビを一度の洗浄で全て取り除くのはどう頑張っても難しいものです。

黒カビが気になったり定期的な掃除は難しい、という方にはプロによる洗濯槽・洗濯機クリーニングがおすすめです。

市販の洗濯槽クリーナーで落ち切れない汚れはたくさんあります。かと言って一般の人が洗濯機を分解して隅々まで洗浄するのは至難の業。

ここはやはりプロに頼むのが一番!

プロの方に頼めば分解してブラシや高圧洗浄機で清掃・洗浄して手の届かないところに溜まっている汚れを全て落とし切ってくれます。

じゃあどこに頼めばいいの?という話ですが「お住いの地域+洗濯槽 クリーニング」で検索するとその地域の専門業者さんの情報が出てくることが多いです。

でも一つ一つサイトを調べていくのは面倒だ~という方におすすめしたいのが【おそうじ本舗】の洗濯機クリーニング。

こちらはハウスクリーニング全般を請け負っているお店です。

ビフォーアフターを見るだけでもこんなに違うの?というくらい見違えるようになる洗濯機の裏側。落ちる汚れの量が全然違います、さすがプロ!

我が家も一度は洗濯槽の裏側の全ての汚れをスッキリ落として中も外もピカピカにしたいものです。

夫からGOサインが出たら今すぐにでも予約したい。

ドラム式の洗濯機など一部機種には対応できないということなので、事前に見積もり(機種確認)が必要とのことです。

洗濯機クリーニングを考えている方はぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

詳しくはこちら

 

ピロピロわかめの予防方法

洗濯槽を清潔に保つためにも1~2ヶ月に一度は定期的に洗濯槽クリーナーを使って洗浄するのがおすすめです。

とは言ってもけっこう忘れがちで気がつけば前回の掃除から半年経っていた…とかあるんですよね~。

日頃の洗濯機の使い方を少し変えるだけでピロピロわかめの発生を最小限に抑えられる(かもしれない)のでいくつかご紹介します。

  1. 洗濯後に洗濯機のフタを閉めっぱなしにしない
  2. 洗濯物は洗濯するまで洗濯カゴに入れる
  3. 洗濯が終わったらすぐに干す
  4. 洗剤と柔軟剤は適量を守る
  5. お風呂の残り湯を使う時でも最後のすすぎは水道水にする

気温や湿度が高いとカビの繁殖力が高まります。

ピロピロわかめの発生を防ぐためにも洗濯機の中に湿気や水分を溜めこまないことが大切です。

洗濯機を使った後はフタを開けておくのが効果的。使わない時はずっと開けっ放しでもOK。

通気をよくして、なるべく湿気や水分を飛ばしましょう。

また洗剤や柔軟剤の溶け残りがカビや雑菌のエサとなり繁殖の原因にもなるので、使用量は守るのがベストです。

残り湯は洗剤もよく溶けて汚れ落ちもいいのですがやはり雑菌が気になります。

残り湯を使うのは「洗い」で最後の「すすぎ」の工程は水道水を使いましょう。

上に上げたポイントを守ればピロピロわかめを見る機会が減りますよ。

あむ

キレイな洗濯機で洗った洋服を着て気持ちのいい日々を過ごそう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です