現在、記事の修正作業をしています。お見苦しい点がございますが修正完了までしばらくお待ちください。

【マイノートの作り方】半年間書いてみたので書き方や中身を公開します

整理収納アドバイザーで「OURHOME」主宰のEmiさんの書籍

わたしらしさを知る マイノートのつくりかた

このブログでもマイノートを作ったことを記事にしていました。

Emiさんのマイノートとは、家事や子どものこと、ファッションや自分の心に響いた言葉などすべて一冊のノートに書き出すことで頭の中が整理されて、問題点が明確になってその後の作業が楽になったり、その後に新しいアイデアがひらめいたりと毎日を過ごしやすくするノート術なんです。

わたしらしさを知るマイノートを作ったその後

半年前に作った私のマイノート。

途中書かない時期もあったけど少しづつページ数は増えています。

最初はテンションを上げて行こうと色ペンを使って丁寧に書いていましたが、インスタにpostするわけでもないので今はほとんど殴り書きです。

自分が読めればいいの。

シンプルでいいの!

そんなことを言っておきながらここで私のマイノートを公開します。

誰にも見せないんじゃなかったんかーい!

ウッさん

あむ

文章だけじゃ伝わらないこともあるでしょ。殴り書きが多いので書いた内容や雰囲気がなんとなくでも伝わればいいのですが。

暮らしの中の発見や気づきを書く

これは私が発熱した時に書いたものです。

大人になると普段なかなか熱を出さないのでいざ倒れてしまった時に「あれがあればよかった」と思うことがいくつかあったんですよね。

その後、書い足しメモとしてまとめておいて、ストックリストに追加しました。

こちらは次男の幼稚園の運動会のお弁当のまとめです。

何を作ったか、どんなおかずが人気だったとか、作ったけど余ってしまったおかずなどをメモしておいて来年のお弁当作りに役立てたいと思っています。

これは今年の元旦のメモです。

初詣のお賽銭から一日の食事を書きました。

今年は初詣帰りにデパートに寄ってしまい帰りが遅くなったのでデパ地下でお惣菜を買ってしまいました。

元旦からお金を使ってしまったので反省の意味も込めて書いています。

あむ

来年はおうちごはんにするぞー!

子育てやお金のことも…ジャンル問わず1冊にまとめて書く

これはマイノートを始めた初期に書いたものなので比較的キレイにまとめています。

  • 家計簿
  • 休日の遊び方
  • 長男が初めて参加した四谷大塚の全国小学生統一テスト

について書いていました。

全国小学生統一テストはこの先受験することはなさそうですが、会場となった塾の先生が子どもの学力についてためになることを言っていたのでマイノートにまとめました。

ジャンルが違うとバラバラのノートについて書いてしまいがちですが、こうやって1冊にまとめておけば書くときにあれこれ探さずにすむし、1冊書き終わった時に達成感が味わえて続けやすいそうなんです。

貼ってもOK

私はよくファッション雑誌で気になったコーデをマイノートに貼っています。

ファッション雑誌を読んでいるとコーデのページはあちこちに飛んでいるので、ページをいちいちめくって探すのが面倒だと思ったのです。

アイテムや色の系統ごとにマイノートにまとめると自分でもコーデの幅が広がるのでおすすめですよ。

あむ

これは2017年の秋のトレンドとなったグレンチェックのスカートについてまとめたページです。
こういうトップスに合わせればこんなコーデが完成するんだ、とイメージしやすくなったね。

ウッさん

あむ

他にも気になったヘアスタイルの作り方も貼っているよ。

時間がある時に見返してみる

マイノートに書き留めたメモは後で見返すと改善のヒントになったり、新しいアイデアが出てきたりと家事や暮らしをスムーズにするきっかけになります。

あむ

振り返ってみるとあんなことやこんなことがあったな~と思い出にも浸れちゃう。

必要なものはノート1冊とペンだけ

Emiさんによると「ノートは薄いものを選ぶのがポイント」だそうです。

薄いノートだと1冊を書き終わるのが早く、次のノートへ!と続けやすくモチベーションも上がるそうです。

私は無印良品の「リサイクル上質紙 開きやすいノート A5」を使っていますがノートの厚みが1cmほど、200ページ近くあるのでまだまだ書き終わりません!

もっと薄いノートから始めればよかったな~と思っています。

マイノートを半年間書き続けた結果

マイノートを半年書き続けた今では私にとって心穏やかに毎日を過ごすためのサポートアイテムになっています。

書いた時はただのメモだけど振り返ると暮らしのヒント集になります!

家事や暮らし、仕事など全方位で使えるのでおすすめですよ。

ノート1冊とペンさえあればいつでも始められるので気軽に始めてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です